賃貸と持ち家

多くの人は、ちゃんと屋根のあるところに住みたいと思うもの。

その際、賃貸か持ち家か、よくある争点です。

持ち家派は『家賃って結局資産にならないから損じゃない? 買った方がトータルで安く済むんじゃない?』、賃貸派は『ライフステージに応じて住み替えなどが比較的簡単に出来るのが良い』などそれぞれ主張します。
賃貸と持ち家、同時に住むことなど絶対に出来ないので、どちらが得かなど実証できません。つまり、この論争は無意味なんですけどね(笑)

それで終わらしたらつまらないので、チョット違う角度で考えてみます。

持ち家は、一戸建てにしろ、マンションにしろ、絶対に近所付き合いが必要です。
一戸建てなら地域の町内会、マンションなら管理組合やその組合員の代表の理事会など、こちらも付き合いが絶対に必要です。
町内会はゴミ捨て場の管理だとか、地方だと草刈りや祭など必ずあります。
マンションは修理積立金の管理だとか様々あるでしょう。

www.ce-anabuki.jp

それまでの生活や世代の違いなどによって、意見がバラバラで大概のことはまとまりません。
特にマンションの大規模修理となると大変ですよ。

www.homes.co.jp

一方、賃貸はそんな煩わしい人間関係を持たずに済みます。
賃貸だろうが持ち家だろうが、必ず騒音等迷惑行為を平気で行う人がいます。
生活の質を改善するために、注意した方が良いのは当然ですが、持ち家だと自治会とか管理組合等を通じてクレームを出すことになると思います。
それらを通じても、クレームを出す人と受ける人は直接対峙することになりがちです。
そして迷惑行為をする人の多くは、大概常識外れのオカシナ人です。
特定されたら、ターゲットにされて更に大きな迷惑を被る可能性が高い。
しかも今度はクレームを出した人に対して集中的に。
これは非常に大きなリスクです。
このリスクを許容できずに、クレームを出さない、出せない人は多いのではないでしょうか。

ところが、賃貸なら管理会社にクレームを出せば、対処してくれます。(不動産関連会社は当たりハズレが多いのが問題ですが…)
勿論クレームを出したのが誰かなんて、迷惑行為をした人には伝わりません。
クレームを出すのに遠慮する必要もありません。

そんな訳で、ボクは断然にマンション賃貸派。
仲良くもない、共通点がただ同じ地域(建物)に住んでるだけの人達との付き合いなんて面倒くさいだけですから。

平成25年現在で空き家率が全国平均13.5%もあります。

統計局ホームページ/統計トピックスNo.86 統計からみた我が国の住宅


持ち家率の高い団塊の世代が死んでいく10年後にはもっともっと空き家率が高くなること確実です。
また、家を借りたい人もだんだんと減っていきます。
人口が減少してるのだから、当然です。

gendai.ismedia.jp

しかも、生涯独身率は上昇するばかり。

toyokeizai.net

つまり、家を借りたいと考える人は単身が多く、保証人を用意出来ない人が増えるのです。
『保証人がいなければ貸さない!』と居丈高に出られる不動産業が少なくなることは確実です。
空き家にするより多少リスクがあっても貸した方がマシですからね。

それでも希望するような場所や部屋を借りられないのなら、その時初めて家を買えば良いのです。
その頃には、独りか二人暮らしになっているでしょうから、最低限のサイズの家で済みます。
その方がお金もトータルでセーブできるのではないでしょうか。
ローンは審査が通らないでしょうから、一括で払える程度の資金は用意しておく必要はあるでしょうけどね。
新築である必要もないので、それ程大きな買い物にはならないはずなので、購入価額はそれほど大きくならないと思います。

つまり、結果としては金銭的にも得するのではないかと考えています。

 

【2017/01/19追記】

良い記事を見つけました。

1manken.hatenablog.com

1manken.hatenablog.com

【追記終了】

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村