読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

32本

健康

20代前半、既に大人になっているにも拘わらず虫歯になってしまいました。

右利きのボクには比較的磨きにくい右側の大臼歯3本、しかも上下とも…

ダメなところは削り、レジンを入れて貰って以降、歯の健康について注意するようになりました。

試行錯誤をしたものの、現在はこの4点セットです。

f:id:R42:20170122073211j:plain

歯ブラシは色々試しました。

デンタルプロ DPB超極毛大きめヘッド 超極細毛 プラス 大きめヘッド ふつうです。

www.dentalpro.co.jp

これが一番の当りでした!

上の1/3の少し尖った部分が奥歯まで磨けて非常に心地よい。

 

ボクは歯列矯正をしていない割には比較的歯並びが良いお陰で歯間の隙間は少なめなのですが、寄る年波には勝てず食べ物が歯と歯茎の間などに挟まるようになってしまいました。

それを除去するために歯間ブラシを使っています。

今使っているのは小林製薬のやわらか歯間ブラシSSS-Sです。

www.kobayashi.co.jp

特にこのブランドにコダワリがある訳ではありません。隙間が増えても、それでもかなり小さい隙間なので、径の小さめのもので最も安かったからにすぎません。

爪楊枝とは違い弾力があるので、多少曲がっても使えるのですが、径が細いせいか一定程度以上曲がると歯間に入っていきません。

もう少しコシがあるとイイのですが。

1回で使い捨てです。

 

デンタルフロスも併用しています。

clinica.lion.co.jp

デンタルフロスは歯間や歯茎との隙間に詰まった食べカスを取るためと言うよりは、超極細の歯ブラシや歯間ブラシでも入らないコンタクトポイント(歯と歯が接しているところ)等のプラーク除去が目的です。

歯間ブラシを使う前はこれだけだったのですが、歯間に詰まった刻みネギのようなものは取りづらいんですよね。

こちらも、このブランドでなければ!と言う訳ではなく、たまたまです。

このY字型は使いやすいのですが、奥歯を手当てする際は口を大きく開ける必要があるため、ちょっと大変です。

こちらは結構な耐久性があるので、2~3回は使えます。

 

そして、キシリッシュ。

www.meiji.co.jp

出先などで歯を磨けない時などに噛んでいます。と言うより、仕事中はずーっと噛んでます。(1日で1箱消費)

これを噛み始めてからは虫歯になることは一度もなく、それ以前にあったC0の軽い虫歯も治りました。と言っても数年の時間は必要ですが。

 

以前は、パナソニックのドルツ・ジェットウォッシャー EW1250Pを使ってました。

ドルツ・ジェットウォッシャー EW1250P 商品概要 | オーラルケア | Panasonic

これは非常に良かったんですが、場所を取るのが難点。

単身用の狭い部屋の洗面台では常設する場所がなく、キッチンに置いてました。

水仕事をするのに邪魔。 

今は仕舞い込んでます。何ともモッタイナイ話ですけどね。

 

ボクは偏頭痛持ちで、その原因が歯、と言うか歯茎にあるようなので、かなり気を使っています。1日サボると数日間は頭痛が続いてしまいますから。

 現在は虫歯も歯周病もなく、口内の健康は保たれています。

これらを日常的に使うとなると、継続的に結構なコストになるのですが、歯や歯茎をダメにすると色々と不都合がでます。最終的にはより大きな費用が掛かるでしょう。

ここはケチることなく、しっかりとケアすべきです。

そして今後もケアを続けながら、入れ歯やインプラントなどすることなく一生自分の歯だけで終えられるよう努めていきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村