8月振返り

8月も今日で終わりです。

今年の夏は暑い。東京では20日以上雨が続いて寒かったようですが、我が街は台風並みの大雨が1度降った程度でそれ以外は悪天候と言う事もなく。

本当に暑い…

それはさておき、今月も振り返っておきます。

 

◆小目標(日々の目標)

●健康維持増進
・食事

先月末から体重/体脂肪率は大幅上昇です。

現状維持をしようと先月末に誓ったはずですが、どうにもメラメラと食欲がわいてしまった日が何日も…

夕暮れ時に食欲を抑えれられないなら、朝食を辞めればいいじゃない!

と言う事で、月の後半の後半あたりから、

『ちゃんと朝食→軽い昼食→軽い夕食』⇒『朝食抜きor少量→軽い昼食→しっかり夕食』

 へと変更しました。食べるものや摂取カロリーの総計は然程変わってません。それでも敢えて言うなら『米』は減ったかもしれません。仕事から帰ってきて米を炊くのが面倒クサイものでww

学生時代から10年くらい前までは、このような食生活だったので、別に馴染みがない訳ではありません。

朝に空腹感がある訳でもないのですが、脳がナニかを食べたいと主張してきます。朝食の用意をしてなければ何も食べずに済むのですが、習慣と言うのは恐ろしいですね。

兎に角、暫くは続けようかと思います。

 

それから今月は少し腰を言わしたことと、4日ほど片頭痛に悩まされました。

共にその原因は判っているのですが、一度なってしまうと回復まで暫くかかるので辛いところです。

 

・運動

今月も通勤時の汗ダク防止のため、自転車で通っています。

出勤時間帯は既に27℃とかで、徒歩25分もすると頭から汗がしたたり落ちる程の汗ダクになれます。

インナーまで着替えたからと言って汗が急に引く訳でもなし…

よって、もう暫くは自転車通勤です。

しかし、運動不足感は否めない…


・処世術(と言うか、嫌なことの流し方)

今月は特に嫌なことはなかったかなぁ~

ここ数か月、『嫌なことは嫌』とハッキリ言うようになったので、わざわざ踏み込んでくる人が減ったからだと思います。

もしかすると、チャンスも逃がしてるような気もしますが ┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

それにしても、ちょっとしたキッカケで以前のストレスフルな記憶を思い出してしまうのはどうにかならないもんでしょうか。

 

●時間の有効活用
・具体的な時間割

仕事は相変わらず効率的に働いています。

ええ、勿論自己評価ですww

ToDoリストやガントチャート(脳内)を利用しているので、仕事中で不必要な大回りは避けられています。

他人の後工程の場合は多少は仕方ありません。

それはそれで『そういうもんだ!』と軽く流しています。

 

一方の私生活は、例月通りグダグダのダラダラです。

暑すぎますから、仕方ないですね(笑)

 

●資金検討(含む投資)
・無駄遣いをしない。

今月は例月より多くのお金を使ってしまいました。

と言っても、ふるさと納税とバイクの任意保険を更新しただけですが。

ふるさと納税は来年度の住民税を先払いするだけですし、「納税」額の3割程のお礼の品を手に出来る上、税金をカード決済できるのでポイントも付くと実質的な損は何処にもありません。

強いて言うならば、手数料2000円が勿体ないとか、キャッシュフローが若干悪くなった等はありますが、2000円以上のお礼の品は手に入るし、そもそも住民税額自体がそれ程でもない上に、その半額までしか使えないので、大したことはありません。

それ以外は特に大きな支出もなく、例月通りでした。 

・投資

今月は先月分も含めて2度に分けて投資しました。

今月は北朝鮮vsアメリカのお陰で、ドル円は108円台~110円台を少し大きめに動いていたので、108円台で買えれば!と思ったのですが、1回目は110円台前半、2回目は109円台半ばでの購入となりました。

投資信託なので、リアルタイムでの購入は出来ないので仕方ないですね。

全体としては、市場環境が宜しくなかったこともあり、先月末比で若干の目減りとなってしまいました。

長い目で見れば、この程度は大したことはないと判ってはいるのですが、目の前で動かれるとやはりガッカリしますww

 

◆中目標(と言うか、大目標の前提)

心身とも健やかに。

今月も不愉快なことはなかったと思います。

先にも書きましたが、昔の嫌な記憶がフラッシュバックしてくるのはどうしようもありません…

 

◆大目標

生活の再定義

今月もやはり『積極的不作為』が良いのかな?と考えています。

今は働いているので否応なく、職場を中心とした外部環境の変化には巻き込まれます。

考えようにっては、外部環境が勝手に変わってくれる現在は『積極的不作為』が有効かもしれません。

しかし、リタイヤ後は外部環境に影響される頻度も規模も小さくなる、もしかすると殆どなくなる可能性があります。

そうなると『積極的不作為』だけでは、タダタダ暇を持て余す可能性が大です。

もう少し色々と考えてみましょう。