It's My Life

ひっそりと

決断力

先日、勤務先の工場で受付兼警備の人(既婚/30代半ば子ナシ)と雑談してました。

その時の会話の流れで、彼が『今度、家を買うんです』と。

我が県でマンションを買う人は少数派なので、一戸建て?と聞くと、彼の母親を1階に自分たち家族(今のところ奥さんだけ)で使う二世帯住宅を建てるそうです。

 

二世帯住宅って結構な額になるはず。

彼の勤務する警備会社は決して大手とは言えず、当然賃金もそれほど高くないハズ。金銭的に大丈夫なのかなぁ?と遠回しに聞いてみると、土地はお母さんのもので、今お母さんが住んでいる家を壊して、そこに玄関すら共用しない重層長屋的な2階建てを建てると。

建築費用はお母さんと自分たち夫婦で出し合うそうです。

ローンは定年時に完済できるように、と言っていたので30年ローンって事かな。

ボクなら家を買う時でも現金一括で買いますがww

 

なお、30年ローンなら今の家賃と然程変わらないとも言ってました。(年間7~80万くらい?)

そうすると、2000万円くらい借りるってことになるのかな?これは金利を含んだ額ではなく、建設費用だけだよね。(今のお母さんの家の解体費用も入ってるかも)

確実に固定資産税とか10年単位で必要となる修繕費とか全く考えてないな!

今後子供が出来る可能性もあるし、その際はどうするのだろう?

彼の住む街は決して大きいとは言えないし、30年後は寂れてる可能性が非常に高いと思うのだけど、そこまで考えているのだろうか?

こんなことを考えてしまいましたが、彼は非常にお気楽に喜んでました。

『家を建てる』って決断は、アレやコレやと考えてては出来ないのかもしれませんねww

 

それから、彼はローンを組む予定なのに、固定金利と変動金利の違いも判っておらず、大丈夫なんかなぁ?と思わざるを得ませんでした。

また、新しい家を買うと、家具を新調したくなるのが人として当然の心情でしょう。その辺のお金の心配もしないとねぇ。普段だったら家具は高い買物なので慎重に考えるでしょうけど、物凄く高い買い物をした際のついでの買いですから、結構な額になっても安く見えちゃうんですよね。この額がボディーブローのように後に効いてくるものですがww

 

兎に角、複数の金融機関に行って、合い見積もりを出して貰えよ!とだけアドバイスしときました。